月別アーカイブ: 2015年3月

ベガルタ上々の滑り出し


3月のベガルタの成績は2勝2分1敗。仙台以外でリーグ戦で負けなしなのは、浦和、広島、FC東京であることを考えると、十分な結果を残したと言える。唯一の敗戦が3月最終戦のナビスコカップだったのも良かった。気を引き締めて4月に臨める。

昨年の主力をベースにした守備陣は、新戦力の六反、渡部の活躍でレベルアップ。安定感のあるパフォーマンスを見せてくれた。一方、心配だった前線も、奥埜、茂木の若手が存在感を示し、戦力のマイナスを感じさせない出来だった。ベガルタの長年の課題であった世代交代が、いつの間にか進んでいたことは明るい材料である。

続きを読む

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

ベガルタ初の敗戦


ベガルタがナビスコカップ予選2戦目で名古屋に2−3で敗戦。今シーズン初の敗北となった。名古屋のスピードのある攻撃に対応しきれず、前半にずるずると3失点したのが響いた。今まで安定感を誇っていた守備陣の集中力がぷっつりと切れたような時間帯だった。

そして、監督の采配力も勝敗を左右した。後半2点を返し仙台ペースとなってから、名古屋の西野監督は5バックに変更。この采配を機に仙台は攻め手を失い、勢いが削がれてしまった。ゲームの流れを見て柔軟に戦術を変更した西野監督と、リードを許しながらも交代カードを一枚しか切らなかった渡邉監督。監督の戦術の幅が出た試合にも見えた。

続きを読む


【2015 1st第3節レポート 湘南ベルマーレVSベガルタ仙台】


【スコア】
湘南ベルマーレ 0ー0 ベガルタ仙台

【得点】
なし

【仙台スタメン】
六反、菅井(’17蜂須賀)、鎌田、渡部、石川、梁、富田、茂木(’71奥埜)、野沢、ウイルソン、金園

続きを読む


【2015 1st第3節プレビュー ベガルタ仙台VS湘南ベルマーレ】


明日は、湘南戦。昇格組ながらJ2で圧勝した戦いぶりが評価され、降格候補として挙げる人は少ない。

前節も鹿島に勝利しているが、勝利の秘訣はとにかく走ること。Jリーグが発表しているトラッキングシステムでは、前節の湘南の走行距離は首位(127.71Km)だった。(対する仙台は116.61Km、ハモンの退場がなければあと2〜3kmの上積みはあっただろう。)

もともとベガルタも積極的にプレスをかけて、最後まで粘り強く走ることをカラーとしていたチーム。湘南戦はハイレベルなプレスのかけ合いが続く、タフな展開になるだろう。ベガルタとしては、走力のみで勝負するのではなく、野沢を筆頭にテクニックを駆使して、湘南を翻弄するようなサッカーを見せてもらいたい。

続きを読む


ベガルタのGK争い


まずお断りですが、ナビスコカップはレポート記事は書きません。自由に書きたいことを書いていきます。

ベガルタがナビスコカップ初戦の横浜FM戦に勝利。Jリーグとは違ったフレッシュなメンバー起用を期待したが、結局は(スタメンとベンチメンバーの入れ替えはあったものの)、Jリーグ開幕戦と同じ登録メンバーで臨んだ試合となった。

考えてみれば、次の試合までは中3日あり、コンディションを整える時間はある。過度にスタメンを温存する必要はない。また、シーズンは始まったばかりで、サブメンバーの出場機会も多くない。この試合では、サブメンバーのパフォーマンスを見極めたいという意図が渡邉監督にはあったのだろう。

続きを読む