月別アーカイブ: 2015年3月

ナビスコカップへの期待


明日からナビスコカップが開幕。ベガルタは予選リーグで山形、川崎F、横浜FM、清水、名古屋、神戸と対戦する。

手倉森監督時代のナビスコカップはメンバーの入れ替えは多少あったものの、主力の出場も目立ち、タイトルを獲りに行っていた印象が強い。私もベガルタファンとしてタイトルの獲得は期待しているが、ナビスコカップは降格もなく、冒険ができる試合と言える。やはり新戦力発掘の場として活かして欲しい。

今年は高卒ルーキーの茂木がスタメンで起用され、ベガルタの若手からすると「実力が認められれば使ってもらえる」という気持ちは高まっているだろう。蜂須賀、二見、藤村、山本、西村、そして2種登録の小島、佐々木などがナビスコカップで出場機会を得て、リーグ戦の戦力として台頭する姿を見てみたい。

続きを読む

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

【2015 1st第2節レポート 柏レイソルVSベガルタ仙台】


【スコア】
柏レイソル 1ー1 ベガルタ仙台

【得点】
仙台:渡部(’31)、柏:鈴木(’89)

【仙台スタメン】
関、菅井、鎌田、渡部、石川、梁、富田、茂木(’90+1杉浦)、奥埜(’81蜂須賀)、ハモン(’76退場)、金園

続きを読む


【2015 1st第2節プレビュー 柏レイソルVSベガルタ仙台】


柏レイソルのACLの日程の関係で、変則日程の金曜日開催。「そうか、来週は柏はACLのための長距離移動があるのか」と思いきや、次のACLの試合は17日(火)にホームで開催。同じ日にACLがある浦和は北京でアウェイにも関わらず、土曜日にJリーグを戦う。柏に日程の配慮があるなら、浦和もJリーグの日程を調整しても良さそうなものだが。誰か理由を知っている人がいたら教えてください。

さて、今の柏は厄介な相手である。柏はACLの予選に出場したため、2月の中旬からシーズンが始まり、既に4試合の公式戦を戦った。初めはややもたついたが、先週はACL、Jリーグともともに勝利。チームとしての完成度と自信を高めている。今、Jリーグで一番充実しているチームかもしれない。アウェイの柏戦は、引き分けでも良いと考えている。

続きを読む


開幕戦勝利の意味


ベガルタが開幕戦勝利。近年のJリーグは混戦状態が続いているだけに、大きくない勝ちも大きくない負けもないが、この試合の勝ちは「非常に大きい」と言っていい。

山形との戦いは、開幕戦、ダービーの他、「降格候補との一戦」の意味を含んでいた。申し訳ないが、昨シーズンJ2で6位の山形は降格候補の筆頭。そして、ベガルタもまずは残留を確定させることを目標とするチームだろう。

残留を決める上で重要なのは、降格候補から確実に勝利し、残留争いを優位に進めること。残留争いの直接対決で2勝すれば、勝ち点差を6つけることになる。昨シーズンの終盤、勝ち点1、2の差でハラハラしていたことを思うとこの差は大きい。ベガルタは山形からの1勝で残留争いを確実に優位に進めることができた。(あ、「残留争い」としつこく書いていますが、もちろん仙台も山形もそのような争いに巻き込まれないことを切に願っています。)

続きを読む


【2015 1st第1節レポート ベガルタ仙台VSモンテディオ山形】


【スコア】
ベガルタ仙台 2ー0 モンテディオ山形

【得点】
仙台:ウイルソン(’81)、仙台:ウイルソン(’90)

【仙台スタメン】
関、菅井、鎌田、渡部、石川、梁、富田、野沢(’63退場)、茂木(’68杉浦)、奥埜(’90+1蜂須賀)、ハモン(’78ウイルソン)

続きを読む