月別アーカイブ: 2015年5月

【2015 1st第14節レポート ヴィッセル神戸 VS ベガルタ仙台】勝ちに不思議の勝ちあり 金園のゴールでアウェー2連勝


【スコア】
ヴィッセル神戸 0ー1 ベガルタ仙台

【得点】
仙台:金園(’34)

【仙台スタメン】
IMG_0907

【交代
ウイルソン→ハモンロペス(’42)、金園→藤村(’85)、野沢→金久保(’90+4)

続きを読む

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

【2015 1st第14節プレビュー ヴィッセル神戸 VS ベガルタ仙台】交代カードが不足 早めの得点で新潟戦の再現を 



アウェーでの神戸戦。ここまでの神戸は勝ち負けを交互に繰り返すような成績で、典型的な中位のチームと言える。ネルシーニョ体制になってもう少ししぶとさが出てくるかと思いきや、まだまだネルシーニョの哲学が浸透するのは時間がかかりそうだ。

仙台は今まで圧倒的な攻撃力、又は守備力を押し出す相手を苦手としてきた感がある。(前節の甲府戦は正に守備重視の相手に屈した例。)攻守ともに際立った特色が感じられない神戸は与し易い相手なのかもしれない。逆に言えば、ベガルタのパフォーマンスがそのまま勝敗を分けそうだ。前節は不甲斐ない試合をしてしまったが、梁が出場停止から戻ってくることで、攻撃面の改善は大いに期待できる。終始ペースを握った新潟戦のように、早めに得点を挙げてアウェーでの勝利をつかみたい。

なお、ベガルタサポーターにとって気になるマルキーニョスは、怪我で欠場が濃厚。ベガルタ戦ではゴールを外す印象が多い選手だっただけに、出てくれた方がありがたかった気がするが・・・。

続きを読む


前言撤回 ナビスコ山形戦は勝ち点3狙いを


ベガルタは先週の甲府戦でふがいない敗戦。サポーターからも最低の試合との声があがり、選手自身も情けない試合をした自覚はあるようだ。私もこの結果と内容は非常に危機的だと感じている。

その前の週の新潟戦では終始ペースをつかみ連敗を止めることに成功したが、その勝利に浮かれたかのように、甲府戦では工夫がなく、試合に臨むまでの準備不足を感じた。数年前の良かったときのベガルタは、連勝しても奢らず自分たちの準備をもくもくとやってきた。しかし今回は、たった1勝しただけで、油断を感じさせるような負け方をしてしまった。良いときのベガルタが失われたとともに、典型的な降格チームのパターンに陥ったように見える。

続きを読む


【2015 1st第13節レポート ベガルタ仙台 VS ヴァンフォーレ甲府】甲府の狙い通りのゲーム 策と工夫なき敗戦


【スコア】
ベガルタ仙台 0ー1 ヴァンフォーレ甲府

【得点】
甲府:バレー(’65)

【仙台スタメン】
IMG_0904

【交代
蜂須賀→菅井(’66)、キムミンテ→金久保(’75)、野沢→ハモンロペス(’82)

続きを読む


【2015 1st第13節プレビュー ベガルタ仙台 VS ヴァンフォーレ甲府】梁の代役は野沢?茂木?ハモン?はたまた菅井?



ホームで迎える甲府戦。甲府にとっては、水曜日のFC東京とのナビスコカップに続く、アウェー連戦となる。ナビスコではリーグ戦からメンバーを落としていたため、疲労は溜まっていないかもしれないが、ベガルタ戦への準備期間が短いのは事実。一方、ベガルタは今週のナビスコカップは試合がなかったため万全の状態で臨める。日程、そして最下位のチームとのホームゲームであることを考えると言い訳はできず、勝ち点3を奪うことは必須である。

ベガルタは前節、新潟相手に盤石の内容で勝利し連敗を止めることができた。甲府戦も同じ流れを作りたいが、梁の出場停止が痛い。梁をボランチからサイドハーフに変えたことから得点力が上がっただけに、攻撃のリズムが落ちる可能性がある。梁の代役のパフォーマンスが勝敗を分けそうだ。

続きを読む