月別アーカイブ: 2015年10月

【ロシアW杯 アジア2次予選】予選通過ライン考察(前半終了時点) 


ベガルタの試合がないので、日本代表の話題を。
ワールドカップのアジア2次予選は既に半分が終了。日本は首位につけ、2次予選通過に向けてまずまずの結果を挙げているが、通過ラインはどれくらいか、そして最終予選で戦う顔ぶれはどこになるのか、考察してみたい。

2次予選の通過条件は各グループの首位になるか、2位で成績上位の4チームに入ること。現時点でこの条件に当てはまる国を整理してみた。

続きを読む

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

【2015 J1残留争い】残留ライン考察(残り4節時点)


2ndステージ第13節は、降格圏の松本山雅、山形が勝利し、残留としての望みをつないだ。一方11位〜15位のチームに勝利はなし。残留争いはますます混沌としてきた。

続きを読む


【2015 2nd第13節レポート ベガルタ仙台 VS 横浜F・マリノス】未だ見えない「走力、球際、切替」の強さ 必然の残留争い


【スコア】
ベガルタ仙台 1ー3 横浜F・マリノス

【得点】
横浜:三門(’33)
仙台:奥埜(’52)
横浜:小林(’64)
横浜:中村(’77)

【仙台スタメン】
IMG_1032

【交代
奥埜→ウイルソン(’73)、野沢→山本(’78)

続きを読む


【2015 2nd第13節プレビュー ベガルタ仙台 VS 横浜F・マリノス】守備の修正なくして勝利なし 古巣相手の六反に期待


ホームでの横浜戦。1stステージでの横浜との戦いでは完璧に近い内容でほぼ勝利を手にしていたが、アディショナルタイムに防ぎようのなかったファビオのボレーが決まり同点に終わった。ベガルタとすれば、同じような展開に持ち込んで勝機を窺いたいが簡単ではないだろう。

やはり前回と違って中村俊輔がピッチにいるのは大きい。今シーズンもセットプレーの怖さは健在で、ベガルタのセットプレーの弱さを考えると簡単にスキをつかれそうだ。また、速さのあるFWに対してもベガルタDFの対応が遅れることが多く、齋藤にも決定的な仕事をされる可能性がある。今シーズン露呈した守備の課題を修正しないことには、複数失点も十分にありえる。DFラインを高めに保ち、自由なスペースを与えない守備を完遂したい。

キーマンは六反か。9月に引き続き日本代表に選ばれたが、「まずは、週末の横浜F・マリノス戦でチームの勝利に貢献できるように頑張ります」とベガルタファンにとっては嬉しいコメントを残している。前回の横浜戦でも古巣相手にスーパーセーブを連発していただけに、再現を期待してしまう。あまりキーバーの活躍は望ましくないが、最後の砦として失点を防いでくれれば、ホームでの勝利も見えてくるだろう。

続きを読む