【2015 2nd第10節プレビュー 名古屋グランパス VS ベガルタ仙台】日程とムードを味方につけて敵地での勝ち点3を


今回対戦する名古屋にとって今週は厳しい1週間となった。6日のナビスコカップではPKまで粘っての敗戦。9日の天皇杯ではカテゴリーが下の町田ゼルビア相手にジャイアントキリングを許し、わずか1週間で2つのタイトルの可能性が消えてしまった。しかもリーグ戦では中位のポジションに安定しており、ACLは狙いづらいが、残留争いの緊張感もない。残りのシーズンのモチベーションを保つのが一気に難しい状況に置かれてしまった。

一方のベガルタはリーグ戦は低空飛行が続くが、天皇杯で仙台大学に勝利。褒められた内容ではなかったが、久々の公式戦の勝利は選手の自信につながっただろう。日程面でも中2日で迎える名古屋に対してベガルタは中5日で有利。ベガルタにとってはアウェーの戦いとなるが、チームのムードと日程を味方につけて、勝ち点3を奪いたい。

勝利へのカギとなるのは守備。前節の新潟戦では上本の退場まではディフェンスラインを高く保ち、ベガルタらしいプレスの効いたゲーム運びができていた。渡部を中心に大胆な守備を90分間敢行できれば、無失点と勝利が見えてくるだろう。

スポンサーリンク

【スタメン予想】
IMG_1021

仙台大学戦のスタメンがベースになると予想。仙台大学戦をはじめ、最近の試合で軽さが目立つ鎌田よりは、石川をCBに起用した方が守備のリスクは低くなると考える。仙台大学戦で久しぶりのゴールを決めた奥埜には攻撃のキーマンとなってほしい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>