【2015 J1残留争い】残留ライン考察(残り4節時点)


2ndステージ第13節は、降格圏の松本山雅、山形が勝利し、残留としての望みをつないだ。一方11位〜15位のチームに勝利はなし。残留争いはますます混沌としてきた。

スポンサーリンク

当初の考察と同じく、残留の確定ラインを勝ち点34で計算してみると、勝ち点34に届くための残り4試合の勝敗は以下の通り。

11位 甲府(33) 必要勝ち点1 :0勝1分3敗
12位 仙台(32) 必要勝ち点2 :0勝2分2敗
13位 神戸(32) 必要勝ち点2 :0勝2分2敗
14位 鳥栖(32) 必要勝ち点2 :0勝2分2敗
15位 新潟(30) 必要勝ち点4 :1勝1分2敗
ーーーーー残留ラインーーーーー
16位 松本(27) 必要勝ち点7 :2勝1分1敗
17位 山形(24) 必要勝ち点10:3勝1分0敗
18位 清水(21) 必要勝ち点13:不可能
※(  )は現在の勝ち点

ついに松本山雅と新潟の差が1勝差となった。松本山雅はお互い負けられない清水との残留争いに競り勝っただけに、勝負強さと勢いを兼ね備えて残り4節に臨めるところが怖い。次節の新潟VS松本山雅で松本山雅が勝利することがあれば、新潟はおろか、甲府、仙台、神戸、鳥栖も予断を許さない。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>