【ロシアW杯 アジア2次予選】予選通過ライン考察(前半終了時点) 


ベガルタの試合がないので、日本代表の話題を。
ワールドカップのアジア2次予選は既に半分が終了。日本は首位につけ、2次予選通過に向けてまずまずの結果を挙げているが、通過ラインはどれくらいか、そして最終予選で戦う顔ぶれはどこになるのか、考察してみたい。

2次予選の通過条件は各グループの首位になるか、2位で成績上位の4チームに入ること。現時点でこの条件に当てはまる国を整理してみた。

スポンサーリンク

※青が現時点の予選突破国、数字は勝ち点

【グループA】
サウジアラビア 12
アラブ首長国連邦 7
パレスチナ 5
東ティモール 2
マレーシア 1

【グループB】
ヨルダン 10
オーストラリア 9
キルギス 5
タジキスタン 2
バングラデシュ 1

【グループC】
カタール 12
香港 7
中国 7
モルジブ 3
ブータン 0

【グループD】
イラン 8
オマーン 8
グアム 7
トルクメニスタン 4
インド 0

【グループE】
日本 10
シリア 9
シンガポール 7
アフガニスタン 3
カンボジア 0

【グループF】
タイ 7
イラク 5
ベトナム 4
チャイニーズタイペイ 0
インドネシア (除外)

【グループG】
韓国 12
クウェート 9
レバノン 6
ラオス 1
ミャンマー 1

【グループH】
北朝鮮 10
ウズベキスタン 9
フィリピン 7
バーレーン 3
イエメン 0

今の順位のままで行くと、アラブ首長国連邦、中国、イラクといった実力国が2次予選で落ちることになりそうだ。前半4試合消化時点での2位での通過国の勝ち点は9なので、全8試合では勝ち点18が通過のボーダーラインになりそうだ。勝敗に換算すると6勝2敗、実力差の激しい予選ではあるが、3試合を取りこぼすと通過は厳しくなってくる。日本のノルマはあと3勝、さっさと決めてもらいたい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>