【2015 2nd第16節プレビュー サガン鳥栖 VS ベガルタ仙台】意味付けの難しい試合 求めるのは結果か内容か


ベガルタは前節で残留が決定し、残り2試合がほぼ消化試合となった。アウェーの鳥栖戦は何を目的として戦うか難しいところである。もちろん目の前の勝利は大事、前半戦で大勝した鳥栖に勝利し、来シーズンも戦う鳥栖に苦手意識を植えつけることは重要である。しかし、勝敗がそれほど意味をもたないことを考えると、翌週の天皇杯・松本山雅戦のテストの場、または来期に向けたチーム作りの機会としてもよい。渡邉監督の判断が注目される一戦である。

個人的には、この試合はタイトルがかかっている天皇杯へのステップとしてほしい。前節のガンバ戦は中盤でプレッシャーをかけられず、簡単にボールを回されて失点を重ねてしまった。多少のリスクがあっても、大胆にプレスをかける守備を試してほしい。そして、攻撃の停滞も天皇杯を獲るには乗り越えなければいけない課題。ハモンロペス以外のFWが低調な今、山本のスタメン起用を選択肢としてもいいのではないか。監督、選手とも今までの戦い方から脱皮を図り、尚かつ勝利をモノにできれば最高である。

スポンサーリンク

【スタメン予想】
IMG_1075

天皇杯の松本山雅戦につなげるべく、古巣の山本をスタメンで試してみる大胆な布陣を予想。また、GKも見所のひとつ。先日発表された日本代表からは六反が外れ、代わりに鳥栖の林が選ばれた。日本代表の座を争ったGK同士の意地の張り合いが見られれば、緊迫感のあるゲームになるだろう。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>