【2015 2nd第16節レポート サガン鳥栖 VS ベガルタ仙台】後半の巻き返しも実らず 役者の違いが分けた勝敗


【スコア】
サガン鳥栖 1ー0 ベガルタ仙台

【得点】
鳥栖:豊田(’1)

【仙台スタメン】
IMG_1076

【交代
二見→蜂須賀(’66)、金久保→野沢(’70)、奥埜→金園(’79)

スポンサーリンク

【戦評】
試合開始早々の1分、鳥栖は大きくダイレクトにつなぐ展開から、ゴール前にいた豊田が冷静に合わせて先制点を奪う。その後も鳥栖はサイドや中盤の空いたスペースを効果的に使って再々チャンスを作る一方、ベガルタはボールを奪ってからの切替が遅く攻めきれない。鳥栖にペースを握られたまま前半を折り返す。

後半、鳥栖の運動量が落ちてオープンな展開になると、ベガルタの攻撃にリズムが生まれる。ハモンロペスの突破や、クロス、フリーキックで決定的なチャンスを作るものの、あと一歩の精度を欠き得点につなげられない。交代カードも起爆剤にはならず試合終了。鳥栖にホーム7ヶ月ぶりの白星を献上した。

後半からは内容が良くなり得点の匂いを感じさせたものの、ハモンロペスをはじめフィニッシュの甘さが残り無得点に終わった。一方鳥栖は、久々の先発出場を果たした豊田がしっかりとファーストチャンスを決めたことが勝利につながった。決定的な仕事ができる役者の有無が、この試合の勝敗を分けた。

【Man Of The Match】
負けたので該当なし

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>