【2016ベガルタ補強診断】センターバック編 補強必要度2


ゴールキーパー編に続いて、センターバックの補強診断。

【2015の主な出場選手】
渡部、鎌田、石川直

【補強必要度】
★★☆☆☆(5段階評価)

スポンサーリンク

シーズン後半に鎌田のパフォーマンスが落ちたが、終盤に組んだ渡部、石川直のコンビはまずまずの安定感を見せた。来シーズンも2人を主力に据えれば一定レベルの戦闘能力は確保できる。他にも、鎌田、上本、多々良、蜂須賀とCBのできる駒数は揃っており、補強よりもチーム内の競争で底上げを図るのが妥当だろう。

但し、鎌田、上本は年齢を考えると、出場機会が得られる他チームに移籍する可能性もあり得る。その場合は穴埋めが必要になるが、年齢バランスが上に偏っているポジションだけに、若手〜中堅層の選手が欲しい。その意味では、来シーズンの加入内定が決まっている青森山田高校の常田に期待が集まる。大型レフティーという特色を活かして、1年目からの試合出場を実現して欲しい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>