【2016 1st第9節レポート ベガルタ仙台 VS サガン鳥栖】ぶち壊れたゲームを盛り返せない脆さ


【スコア】
ベガルタ仙台 0ー2 サガン鳥栖

【得点】
鳥栖:豊田(’45)
鳥栖:豊田(’56)

【仙台スタメン】
IMG_1243

【交代
野沢→蜂須賀(’45+1)、金久保→梁(’58)、三田→ハモンロペス(’74)

【退場
石川直(’43)

スポンサーリンク

【戦評】
試合開始からベガルタは押し込まれる展開が続く。平岡の鋭い出足などで何とか鳥栖の攻撃を封じるものの、前半終了間際の43分に石川直のゴール前での競り合いがPKを取られ失点。石川直のプレイがファウルだったかは議論が分かれるところだが、イエローカードをもらうほどのプレイには見えず、ベガルタにとって厳しい判定だった。

1人少ないベガルタは、早めに交代カードを切るものの状況は好転せず。逆に、警戒したい豊田から2点目を頭で決められ、この時点で試合は決してしまった。終わってみればベガルタのシュートは3本。後半は10人で戦っていたとはいえ、反撃ムードすら作れない敗戦だった。

主審がカードを乱発し、PKの場面以外にも疑問に残る判定が多かったのは事実。選手も判定基準に戸惑い、思い切ったプレイができなかったことには同情の余地はある。しかし、同じ残留争いをしている相手に全くチャンスを作れず、内容の悪さも感じられた試合だった。不利な状況をプレイで覆せないことに降格の危機が感じられた。

【Man Of The Match】
負けたので該当なし

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>