【2016 2nd第2節レポート ガンバ大阪 VS ベガルタ仙台】大胆な選手起用も実らず 3試合連続の3失点負け


【スコア】
ガンバ大阪 3ー1 ベガルタ仙台

【得点】
G大阪:米倉(’14)
仙台:ハモンロペス(’54)
G大阪:パトリック(’78)
G大阪:パトリック(’90+2)

【仙台スタメン】
IMG_1343

【交代
大岩→菅井(’76)、藤村→ウイルソン(’80)、三田→佐々木(’84)

スポンサーリンク

【戦評】
ベガルタは序盤から積極的にプレスを仕掛け試合の流れをつかむ。しかし14分にガンバにフリーキックからの先制点を許す。失点後はベガルタにボールが収まらなくなり、ガンバにペースを握られるが、何とか前半を1失点で凌ぐ。

後半の54分には、コーナーキックからハモンロペスが打点の高いヘディングで合わせ同点に追いつく。反撃ムードに乗りたいベガルタだが、ガンバがパトリック、井出口を投入すると完全に主導権はガンバに。ベガルタの足が止まってきた隙をつかれ、78分にパトリックに逆転ゴールを決められる。ベガルタはゴール前を固めてきたガンバの前になかなかシュートが打てず、最後にはパトリックにダメ押し弾を決められ力つきた。

連敗中とケガ人続出といった苦しいチーム事情の中、GKの交代、藤村のFW起用と大胆なスタメンに踏み切ったものの、結局は3試合連続の3失点負けと悪い流れを止めることはできなかった。悔やまれるのは1−1に追いついた後の采配。押し込まれている時間帯にフレッシュな選手を投入して修正することができず、結果的にガンバに主導権を渡してしまった。Jリーグデビューとなった佐々木匠は短い時間の中で光るプレーを見せており、今の悪い流れを変えられるのは若い力なのかもしれない。

【Man Of The Match】
負けたので該当なし

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>