【2016 J1残留争い】残留ライン考察(残り4節時点) 残留巧者の甲府・新潟か 勢いの名古屋か


前節で名古屋が勝利したため、残留争いはますます混沌としてきた。名古屋の勝利によって残留ラインも上がりそうな気配があるが、当初予想した勝ち点31から残留ラインを変えずに残り必要な勝敗数を割り出してみた。

スポンサーリンク

<勝ち点31に必要な勝敗数>
11位  鳥栖(39) 残留確定
12位  仙台(37) 残留ラインクリア
13位  磐田(32) 残留ラインクリア
14位  甲府(28) 1勝3敗
15位  新潟(27) 1勝1分2敗
ーーーーー残留ラインーーーーー
16位 名古屋(26) 1勝2分1敗
17位  福岡(20) 4勝
18位  湘南(19) 4勝
※(  )は現在の勝ち点

福岡、湘南は厳しく、実質的な争いは甲府、新潟、名古屋の三つどもえとなっている。新潟、名古屋は残り4戦のうち2勝すれば残留に大きく前進するが、下位に低迷するチームにとって勝率5割は至難の技。超えられそうで簡単には突破できない壁だろう。

勢い、今後の対戦相手で見ると名古屋優位だが、何度も残留争いを乗り切ってきた甲府・新潟のしぶとさは不気味。残留の最後の椅子の争いは、最終節までもつれそうだ。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>