【2017ベガルタ補強診断】センターバック編 補強必要度1


ベガルタ補強必要度分析の2回目。今回はセンターバック編。

【2016の主な出場選手】
渡部、平岡、大岩、石川直

【補強必要度】
★☆☆☆☆(5段階評価)

スポンサーリンク

GKと同じく層が厚いポジション。渡部、平岡のコンビは、ややスピードが遅く速い攻撃について行けない課題はあるが、高さがありセットプレーの得点源としても結果を出しているのは魅力的。どちらかが欠けても大岩、石川直が安定したパフォーマンスを見せるので、穴のないポジションと言える。誰かが抜かれた場合に限り、補充するスタンスで補強は十分だろう。

今シーズンは大岩、石川直がサイドバックに定着したが、本来は二人ともセンターバックでより特長が出せるタイプ。サイドバックの補強動向にもよるが、4人をセンターバックとして競争させて適切な組み合わせを模索できることが理想である。4人の中では一番速さがあると思われる大岩がセンターバックに定着すれば、ベガルタのディフェンス力は更に増すかもしれない。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>