【2017ベガルタ補強診断】ボランチ編 補強必要度3


ベガルタ補強必要度分析の4回目。今回はボランチ編。

【2016の主な出場選手】
富田、三田、藤村、キムミンテ

【補強必要度】
★★★☆☆(5段階評価)

スポンサーリンク

シーズンを通して富田、三田のコンビでほぼ固定。2人の存在が大きかった分、どちらかが欠場したゲームでは安定感が落ちた。2人に続くボランチとしては、藤村はプレーに波があり、キムミンテは渡邉監督の信頼を今ひとつ勝ち取れていない模様。もう一枚ボランチは欲しい。

仮に他からの獲得ができなければ、奥埜をボランチで試してみるのはどうか。走行距離が長くボールに食らいつくスタイルはボランチ向きであるし、キープ力があるため中盤でボールを落ち着かせることもできる。ボランチの経験もあるため、決して変なコンバートでない。1点差で負けている場面では富田を下げて、三田、奥埜をボランチに置くオプションを試してみたい。

と、ここまでは三田が来年もベガルタに残ることを前提とした話。まずは今シーズン大いに貢献した三田を完全移籍で獲得することが、今オフの一番の課題となるだろう。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>