【2017ベガルタ補強診断】フォワード編 補強必要度3


ベガルタ補強必要度分析の最終回。今回はフォワード編。

【2016の主な出場選手】
ハモンロペス、野沢、西村、金園、奥埜、ウイルソン(退団)

【補強必要度】
★★★☆☆(5段階評価)

スポンサーリンク

他チームからのオファーが報道されているハモンロペスを残せるかが、来シーズンのベガルタの戦力に大きく影響してくる。一人で試合を決められる力を持つ選手であり、流出すれば大幅な得点力の低下は避けられない。全力で引き止めたい。

ハモンロペス・野沢の組み合わせは十分に得点能力があるが、他のフォワードとなると、西村は成長途中、金園は怪我がちと層の薄さは否めない。野沢の途中交代の多さも踏まえると、やはりもう一枚はこのポジションに欲しい。

タイプとしては相手ゴール前で競り勝てるポストプレーヤー的なタイプか。ハモンロペスはサイドに流れてクロスを上げることが多いため、そのボールをゴールに流し込める選手が望ましい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>