【2017 第13節レポート ベガルタ仙台 VS アルビレックス新潟】試合運びの拙さをカバーしたクリスランのスーパーゴール


【スコア】
ベガルタ仙台 2ー1 アルビレックス新潟

【得点】
新潟:チアゴ ガリャルド(62’)
仙台:クリスラン(83’)
仙台:クリスラン(84’)

【仙台スタメン】
download

【交代
梁→西村(66’)、石原
→クリスラン(66’)、蜂須賀→中野(74’)

スポンサーリンク

【戦評】
試合が動いたのは後半。新潟のカウンターがはまり出した時間帯に、ベガルタのパスミスを突いて新潟がカウンターで先制する。点を獲るしかないベガルタは西村、クリスランを同時に投入、さっそく西村が積極的にシュートを放つなど試合のムードを変えていく。83分にはクリスランが自ら獲得したPKで同点に、さらにその1分後には永戸の絶妙なクロスをクリスランが正確なトラップ・ボレーで決め逆転に成功する。その後も試合を締めたベガルタが逆転勝利を飾った。
前半のベガルタは何度も新潟ゴールに迫ったが、フィニッシュで決めきれない試合運びの拙さは今節も改善されなかった。自分たちが支配している時間帯に得点を奪っていれば、もう少し楽な展開になっただろう。最終的にはクリスランの個人技で勝ち点3をプラスできたが、チームとして克服すべき課題はまだまだ残っている。

【Man Of The Match】
クリスラン
新潟に傾きかけた試合を途中出場からの2発でモノにする。特に2点目のボレーシュートは完全に個人技で決めきった。ボールを支配しつつもゴールが奪えない試合が続くベガルタにとって、この卓越した得点感覚は貴重。スタメンから見たい選手ではあるが、この試合のように試合途中から切り札的に投入するもの相手には脅威となるだろう。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>