【2017 第29節レポート  川崎フロンターレ VS ベガルタ仙台】まさかの3失点逆転負け 等々力劇場で見えたチームの脆さ


【スコア】
ベガルタ仙台 2ー3 川崎フロンターレ

【得点】
仙台:野津田(45+4’)
仙台:石原(60’)

川崎:エウシーニョ(82’)
川崎:小林(84’)
川崎:小林(87’)

【仙台スタメン】
download

【交代
古林→蜂須賀(54’)、西村
→クリスラン(83’)、中野→茂木(90’)

スポンサーリンク

【戦評】
スコアレスで推移していた試合は前半終了間際に動く。42分に川崎の家長がイエロー2枚で退場となると、その直後にベガルタが野津田のゴールで先制。川崎にとっては最悪の流れで前半を折り返す。後半に入ってからもベガルタは石原のヘッドで追加点を挙げ、その後も1人少ない川崎に試合を有利に進める。しかし、試合終盤にドラマは起こる。エウシーニョに精度の高いミドルで1点を返されると、直後に小林に2点を決められ、わずか5分で逆転を許す。ベガルタに反撃の力は残っておらず、まさかの終盤3失点での逆転負けとなった。
序盤からベガルタは細かいパス回しで川崎を翻弄し、2得点を奪うことができた。2点リード後も無理せずボールを落ち着かせるなど上手く試合をコントロールしていた。悔やまれる終盤の3失点はどれも川崎の選手の技術を褒めるものではあったが、1失点後に軌道修正ができず、ずるずるとパスミスなどから失点を重ねる姿はチームの脆さを顕著に示していた。ルヴァン杯での敗戦はもう一歩迫れない悔しさが残ったが、今日の敗戦は勝ちきる強さが持てない脆さに対する情けなさが強く感じられた。

【Man Of The Match】
負けたので該当なし

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>