【2017 第33節プレビュー ベガルタ仙台 VS 横浜F・マリノス】追い風はベガルタにあり 勝って締めたいホーム最終戦



【スタメン予想】
download-1

スポンサーリンク

【試合の見どころ・ポイント】
・怪我明けの梁、シュミットが全体練習に参加との報道があるが、前節の大宮戦は完勝したため、敢えてメンバーを変える采配にはならないだろう。途中から梁が投入される可能性は十分にあり、スタジアムの雰囲気を変えてくれる選手がベンチに控えていることはベガルタにとって心強い。
・横浜F・マリノスは扇原、マルティノスを出場停止で欠き、中盤の構成が悩みどころとなる。齋藤の不在も、スピードのあるアタッカーに弱いベガルタにとっては追い風となる。両者の過去の戦績では、お互いにアウェーの勝率が高いが、そのジンクスを覆す状況は整っている。ホームの最終節を白星で飾り、まだ可能性がある一桁順位に望みをつなげたい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>