【2018ベガルタ補強診断】ゴールキーパー編 補強必要度2


毎年恒例のポジション別の補強必要度を今年もまとめてみる。1回目はゴールキーパー編。

【2017の登録選手】
シュミットダニエル、関、石川慧、イ ユノ

【補強必要度】
★★☆☆☆(5段階評価)

スポンサーリンク

前半戦はやや不安定だったシュミットも経験を重ねるごとに成長。来シーズンもベガルタの正ゴールキーパーとして十分な働きを見せてくれるだろう。関の存在も大きい。第2ゴールキーパーとして準備を怠らない堅実な姿勢があったからこそ、シュミット負傷の時期も大きな戦力ダウンを招かずに済んだ。シュミットに限らず、関も欠かせない選手として残しておきたい。この2人が残ってくれれば、補強の必要はない。

贅沢をいえば2人を脅かす若手が出てくれば面白い。石川慧も若手とはいえない年齢に差し掛かっており、来シーズンは飛躍の年としてほしい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>