【2018ベガルタ補強診断】ウイングバック編 補強必要度2


ポジション別の補強必要度の4回目はウイングバック編。

【2017の登録選手】
永戸、中野(レンタル)、古林(レンタル)、蜂須賀、茂木、菅井

【補強必要度】
★★☆☆☆(5段階評価)

スポンサーリンク

2017シーズンはルーキーの永戸が当たり、中野・古林のレンタル組も活躍。蜂須賀も後半になるにつれてウイングバックとしての成長を見せ、戦力が充実したポジションとなった。この4人が残れば補強に頼る必要はないだろう。

従って、レンタル組の中野・古林をしっかりと繋ぎ止めることがこのポジションの大きな課題となる。中野も古林もレンタル元よりはベガルタの方が活躍の機会はありそうだが、結果はいかに。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>