【2018 第13節レポート  湘南ベルマーレ VS ベガルタ仙台】西村2発で6試合ぶり勝利 守備的オプションにも収穫あり


【スコア】
湘南ベルマーレ 1ー3 ベガルタ仙台

【得点】
仙台:野津田(3’)
仙台:西村(36’)
湘南:イ ジョンヒョプ(51’)
仙台:西村(90+2’) 

【仙台スタメン】
download-2

【交代
関口→ 永戸(64’)、奥埜→富田(74’)、中野→板倉(78’)

スポンサーリンク

【戦評】
ベガルタは開始早々の3分に蜂須賀の突破から野津田が冷静に合わせて先制。その後前半で2本獲得したPKを1本目は石原が外すものの、2本目は西村が決めて2点差とする。ベガルタにとって理想的な展開で前半を終える。しかし、後半に入ると風上に立った湘南が圧力を強める。PKから1点を返した後も波状攻撃を繰り出すが、ベガルタは凌ぎきり、逆に終了間際に西村が追加点を奪う。3−1のスコアでベガルタは6試合ぶり勝利を飾った。

前半は理想的な内容だったが、後半は守勢に回る時間が長くなったのは課題だった。しかし、富田と板倉を入れたところからはボールが落ち着き出し逃げ切り体制を整えることができた。理想を言えば、守勢の時間帯でもカウンターの機会を作りたかったが、逃げ切りのオプションが機能したことは一つの収穫と言えるだろう。

 

【Man Of The Match】
西村 拓真
石原が失敗した後の難しい流れの中でPKをしっかり決めるとともに、試合終了間際には一人で持ち込んで勝利を決定づける追加点をあげる。ゴールに愛されるストライカーらしい風格が備わってきた。もっとボールに絡む機会を増やし、ベガルタの得点力不足を解消してほしい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>