【2018 第16節レポート  ベガルタ仙台 VS 横浜F・マリノス】屈辱のホーム8失点 失望に終わった再開幕ゲーム


【スコア】
ベガルタ仙台 2ー8 横浜F・マリノス

【得点】
横浜:天野(2’)
横浜:伊藤(12’)
横浜:仲川(31’)
横浜:伊藤(33’)
横浜:山中(52’)
横浜:伊藤(59’)
横浜:金井(71’)
仙台:ジャーメイン(72’)
横浜:オリヴィエ ブマル(81’)
仙台:蜂須賀(90’)

【仙台スタメン】
download-1

【交代
椎橋→ 西村(36’)、阿部→ジャーメイン(71’)、奥埜→梁(71’)

スポンサーリンク

【戦評】
ベガルタは開始2分に右サイドを破られ早々に失点を許す。その後もマリノスのサイドからの攻めが面白いようにはまり、前半だけで4失点を奪われてしまう。巻き返しを図りたかった後半もマリノスの躍動感は衰えず、後半にも追加で4失点と散々な結果に。ベガルタはジャーメインのリーグ戦初ゴールが生まれたものの、失望感が支配するゲームとなった。
90分間を通してマリノスの中盤を自由にさせすぎていたことが大量失点の原因の一つか。運動量と判断力でマリノスに劣っていたことは否めず、寄せない、収まらない流れに歯止めがかからなかった。これだけ屈辱的な負けとなると大胆なテコ入れも検討したいところ。次節から出場できる矢島、ハーフナーが起爆剤となることを期待したい。

【Man Of The Match】
負けたので該当なし

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

【2018 第16節レポート  ベガルタ仙台 VS 横浜F・マリノス】屈辱のホーム8失点 失望に終わった再開幕ゲーム」への1件のフィードバック

  1. 錨を上げて

    やあ、見事な大敗おめでとうございます。 たしか、去年か一昨年もやりましたね。
    今年のヴェガルタは強いかなと思ったのですが、シーズンのはじめだけでしたね。
    シーズンのはじめだけと言えば、名古屋もそうですね。今や、あの惨状は見るに堪えられません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>