【2018 第23節レポート  ベガルタ仙台 VS ガンバ大阪】課題を克服しての3連勝 ベガルタは一段上のステージへ


【スコア】
ベガルタ仙台 2ー1 ガンバ大阪

【得点】
ガンバ:渡邉(27’)
仙台:西村(54’)
仙台:オウンゴール(57’)

【仙台スタメン】
download-4

【交代
関口→ 永戸(80’)、阿部→石原(84’)、中野→梁(90+1’)

スポンサーリンク

【戦評】
前半はボールを保持できないベガルタに対してガンバが多くチャンスを作る。27分に神戸時代から苦手としている渡邉千真に先制点を許し、1点リードされて前半を終える。後半に入るとサイドにスペースが生まれ始めると、ベガルタはともに左サイドを起点にして54分に西村、57分にオウンゴールの連続得点で畳み掛け逆転に成功。運動量の落ちたガンバに反撃の力は残っておらず、湘南戦に続く逆転勝ちで3連勝を収めた。

印象的だったのは試合終盤の戦い方。途中投入された永戸、石原、梁がしぶとくボールをキープし、ガンバから攻撃の機会を奪った。シーズン後半戦は試合の締め方に課題があったベガルタだが、監督の采配と選手のパフォーマンスががっちりと噛み合い、勝ち点3の結果につなげることができた。内容は良いが勝ちきれない印象があったベガルタだったが、この3連勝で勝ち切る術を知るチームに成長した。間違いなくベガルタは一段上のステージに上っている。

【Man Of The Match】
シュミット ダニエル
アディショナルタイム間際の倉田のシュートを好反応で止めて勝ち点3を守り切った。全体的に被シュートの機会は少なかったが、広範囲に動いて相手のチャンスを潰し、安定したボール処理を見せていた。今日のような守りきる必要がある展開で、欠かせないピースとなっている。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>