【2018 第33節プレビュー ベガルタ仙台 VS 鹿島アントラーズ】2トップの熟成に期待 天皇杯につながる内容でホーム最終戦勝利を



【スタメン予想】
download-2

スポンサーリンク

【試合の見どころ・ポイント】
前節勝利した広島戦のスタメンがベースになるだろう。広島戦では契約の関係上出場できなかった野津田が絡むことで、ベストな布陣でホーム最終戦を戦えることになる。西村の移籍後は得点力に陰りが見えていたが、石原・ハモンロペスの2トップは広島戦でも両者の連携がよく可能性が感じられた。この2トップが更に熟成した姿を見せれば、今後の天皇杯のタイトル獲得に向けて大きな武器となる。

・十分な休養があったベガルタに対して、連戦続きの鹿島はコンディション面で不利。ホーム最終戦でスタジアムも満員となる見込みで、ACLチャンピオンチームが相手と言えど勝利が必須の試合となる。天皇杯決勝でも対戦する可能性がある鹿島には、ここでしっかりと苦手意識を植えつけておきたい。天皇杯の準決勝・決勝を戦っていく上で、まだまだチーム内の競争は活性化してほしいところ。バックアップメンバーからも光る選手が現れ、タイトル獲得につながる実りある試合を見せてほしい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>