【2019 第11節レポート ベガルタ仙台 VS サンフレッチェ広島】2試合連続のユアスタ劇場 しぶとさが生んだ勝利


【スコア】
ベガルタ仙台 2ー1 サンフレッチェ広島

【得点】
広島:ドウグラス ヴィエイラ(2’)
仙台:ハモンロペス(86’)
仙台:松下(90+3’)

【仙台スタメン】

AB9A50EA-B53C-4AD9-92CF-FA12D4CB4504

【交代】
ジャーメイン→長沢(71’)、吉尾→兵藤(82’)

スポンサーリンク

【戦評】
ベガルタは開始2分に早々に失点。その後は守りを固めた広島を崩すことができずストレスのたまる展開となる。しかし後半に入り徐々に敵陣に攻め入る機会が増えると、86分に途中交代の兵藤のクロスからハモンロペスが決めて同点に。そして後半ATには松下が狭いスペースから劇的ゴールを決めて逆転に成功。ホームで2戦連続のAT弾というユアスタ劇場で勝利を飾った。

早々に失点し遅攻が求められた展開で、攻撃の連動性が出せず、手をこまねいている時間が長かったことは反省点。しかし、個々がしぶとくボールを奪いに行く姿勢を見せたことが、終盤に広島を疲弊させる要因となったのではないか。ボールを奪ってからの連携に磨きがかかればもっと上の位置を狙えるだろう。

【Man Of The Match】
松下 佳貴
特に後半は前線に効果的なパスを次々と供給しパスセンスの高さを見せた。逆転ゴールの振りの早いシュートも流石。攻撃の活性化に欠かせないピースとなりつつある。

 

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>