【2019 第19節レポート ベガルタ仙台 VS 鹿島アントラーズ】乾杯でホーム連勝はストップ シュミットのラストゲームを飾れず


【スコア】
ベガルタ仙台 0ー4 鹿島アントラーズ

【得点】
鹿島:セルジーニョ(16’)
鹿島:セルジーニョ(46+1’)
鹿島:白崎(67’)
鹿島:土居(75’)

【仙台スタメン】

45CC1A42-A189-4721-A8C1-36FF29ADB2E5
【交代】
長沢→ハモンロペス(24’)、富田→梁(68’)、関口→石原崇(80’)

スポンサーリンク

【戦評】
ベガルタは序盤から鹿島の攻撃を受ける形となり、前半で2失点を喫する。後半になって、サイド攻撃を中心にペースを取り戻し始めるが、鹿島の巧みなカウンターを受けてしまい、さらに2ゴールを許してしまう。攻撃では可能性のあるシュートまでたどり着けず無得点。スコア的にも内容的にも完敗だった。

シマオマテの欠場が響いたのか、この試合では守備での跳ね返しに余裕がなく、ボールを奪ってからもすぐに失う場面が目立った。特に中央のエリアはほぼ鹿島に制圧されてしまい、状況を変える一手が最後まで打てなかった。連勝中のメンバーが少しでも欠けてしまうと脆さが出るのは課題。大きくメンバーを欠く鹿島に、チームとしての総合力を見せつけられた試合となった。
【Man Of The Match】
負けたので該当なし

 

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>