【2019 第25節レポート サガン鳥栖 VS ベガルタ仙台】勝ち点3からの必然の転落 ホーム連戦の教訓は生かされず


【スコア】
サガン鳥栖 2ー1 ベガルタ仙台

【得点】
仙台:道渕(20’)
鳥栖:金崎(77’)
鳥栖:金崎(83’)

【仙台スタメン】

DEF6518B-3B75-4D8D-92D5-18C9E5470E0F

【交代】
ジャーメイン→石原崇(71’)、石原直→ハモンロペス(75’)、道渕→阿部(84’)

スポンサーリンク

【戦評】
20分に道渕の豪快ボレーで先制。その後ジャーメインが決定機を外す場面があったが、ベガルタは1点リードで前半を折り返す。後半に入ると完全に鳥栖が主導権を握り、ベガルタは自陣深くまで追い込まれる。最後方の守備で何とか粘っていたが、77分にPKを献上して追いつかれると、83分にはゴール前の混戦から金崎に逆転弾を許す。守り疲れたベガルタに反撃の力はなく、痛恨の逆転負けとなった。

後半はほぼボランチが機能せず、鳥栖にボールを回され続けたが、交代カードを切ったのは70分過ぎであり、あまりにも対応が後手に回った印象だ。また、前の選手を交代するもほとんどボールを前に運べない状態で交代が全く機能しなかった。椎橋や兵藤を早めに入れてゲーム落ち着かせる策を取るべきだったのではないか。ホームで2試合連続で追いつかれた教訓が全く生かされていない、失望を感じる敗戦だった。

【Man Of The Match】
負けたので該当なし

 

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>