【2019 第28節レポート ベガルタ仙台 VS 松本山雅FC】響いたシマオマテの不在 怖さと工夫のない攻撃で松本に完敗


【スコア】
ベガルタ仙台 0ー1 松本山雅FC

【得点】
松本:セルジーニョ(2’)

【仙台スタメン】

E0A89CB3-E0BE-4210-9884-D2A69B45731B
【交代】
関口→石原崇(60’)、道渕→兵藤(67’)、富田→ジャーメイン(75’)

スポンサーリンク

【戦評】
試合開始直後の2分に松本・セルジーニョの一発を浴びて先制を許す。その後、ベガルタはボールを保持するものの、松本の鋭いカウンターに手を焼き、危ない場面を何度も作られる。後半になって更にベガルタの支配率は高くなるが、クロスに偏った攻撃は跳ね返され続けチャンスを作れず。結局、松本に守り切りを許し、残留争いの直接対決で大きな星を落とした。

特に後半は相手陣内でのプレーが多かったが、パスのつなぎがもたつき、相手を崩した攻撃がほとんど見られなかった。失点こそ1に留めたが、安定感抜群のシマオマテを欠いたことで、チーム全体の焦りを招いてしまった。選手、監督ともに工夫が感じられず、松本のゲームプラン通りにやらせてしまった完敗だった。

【Man Of The Match】
負けたので該当なし

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>