ナビスコカップへの期待


明日からナビスコカップが開幕。ベガルタは予選リーグで山形、川崎F、横浜FM、清水、名古屋、神戸と対戦する。

手倉森監督時代のナビスコカップはメンバーの入れ替えは多少あったものの、主力の出場も目立ち、タイトルを獲りに行っていた印象が強い。私もベガルタファンとしてタイトルの獲得は期待しているが、ナビスコカップは降格もなく、冒険ができる試合と言える。やはり新戦力発掘の場として活かして欲しい。

今年は高卒ルーキーの茂木がスタメンで起用され、ベガルタの若手からすると「実力が認められれば使ってもらえる」という気持ちは高まっているだろう。蜂須賀、二見、藤村、山本、西村、そして2種登録の小島、佐々木などがナビスコカップで出場機会を得て、リーグ戦の戦力として台頭する姿を見てみたい。

スポンサーリンク

そして、GKは六反を見たい。今の正GKは関だが、失点につながるファンブルをするなど、まだまだ絶対的な守護神にはなりえていない。カップ戦で六反にチャンスを与え、実戦での実力を測る機会としてほしい。六反がいいプレーをして、GK同士の良き競争原理が働くことを期待している。

少なくてもアジアカップに参戦していた梁は、カップ戦は休んでもらいたい。若手中心のメンバーが躍動し、今シーズン、そして未来のベガルタに希望が感じられる試合をして欲しい。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>