ベガルタのGK争い


まずお断りですが、ナビスコカップはレポート記事は書きません。自由に書きたいことを書いていきます。

ベガルタがナビスコカップ初戦の横浜FM戦に勝利。Jリーグとは違ったフレッシュなメンバー起用を期待したが、結局は(スタメンとベンチメンバーの入れ替えはあったものの)、Jリーグ開幕戦と同じ登録メンバーで臨んだ試合となった。

考えてみれば、次の試合までは中3日あり、コンディションを整える時間はある。過度にスタメンを温存する必要はない。また、シーズンは始まったばかりで、サブメンバーの出場機会も多くない。この試合では、サブメンバーのパフォーマンスを見極めたいという意図が渡邉監督にはあったのだろう。

スポンサーリンク

従来のサブメンバーの中でインパクトを残したのがGKの六反だった。昨シーズンも横浜FMであまり出場機会には恵まれなかったが、この試合では安定感のあるパフォーマンスを披露していた。堂々としたゴールマウスでのたたずまいも良い。そして、何よりもPKのセーブである。一回きりの見せ場で結果を残すのだから、「何か持っている」と期待したくなる。

先週の柏戦では関がファンブルをし、勝ち点2を失った。今回の横浜FM戦では六反がPKをセーブし、勝ち点2を死守した。同時期に起こったGKの結果を渡邉監督はどう受け止めるか、次の湘南戦はスタメンGKの選考に注目である。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>