2011年4月23日 等々力競技場での出来事を忘れない


4年前の今日、2011年4月23日と言えば、ベガルタサポーターにとっては忘れられない一日だろう。震災の影響で中断していたJリーグがこの日再開し、ベガルタは等々力競技場で川崎フロンターレに劇的な勝利を収めた。

スポンサーリンク

私は等々力競技場で現地観戦していたが、今振り返るとゲームの内容は殆ど記憶にない。代わりに、試合開始前の煽り動画と、フロンターレサポーターが歌ってくれたベガルタのチャントが鮮烈に印象に残っている。間違いなくあの日の等々力はチームの枠を超えた一体感に包まれていた。最高の雰囲気を作り、スポーツの素晴らしさを教えてくれた川崎サポーターには、改めて感謝の気持ちを伝えたい。

先週行なわれたユアスタでの仙台VS川崎戦は、緩衝地帯がない座席割りで行なわれたとのこと。ベガルタとフロンターレの友好が今でも受け継がれていることが嬉しい。ベガルタとフロンターレのように、ゲームでは勝敗を争うものの、それ以外の場面では何かあたたかいものでつながっているような関係が、Jリーグ全体で広がっていくことを願って止まない。4年前の4月23日、フロンターレからのエールに胸が熱くなった一人として、切にそう思う。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>