ナビスコ杯総括 悔やまれる中途半端な選手起用


今日のナビスコ最終戦は川崎と対戦し、引き分け。ベガルタは1勝2分3敗のグループ最下位でナビスコ杯を終えることになった。位置づけが難しい大会だけに最下位という結果を過剰に受け止める必要はないが、振り返るともう少し選手起用に工夫が欲しかった大会だったと言える。

ナビスコ杯の戦い方で評価すべき点は、六反、キムミンテ、多々良がナビスコ杯を足がかりにリーグ戦のスタメンをつかんだこと。特に、ナビスコ初戦の高パフォーマンスを受けて最もスタメン交代がしづらいゴールキーパーを六反に交代したのは大きい。サブ組の選手にとっては刺激になっただろうし、その刺激がキムミンテや多々良の活躍に波及したのではないか。

スポンサーリンク

残念ながらナビスコ杯の後半には新たなヒーローが現れなかったが、これは選手起用に一因があると考える。ナビスコ杯の後半には、リーグのスタメンから大幅な選手の入れ替えをするターンオーバーを採用していたが、試合の途中にはウイルソンや梁のエースを投入していた。これは、主力を休ませることもできず、サブ組に任せきることもできない中途半端な采配だった。(現に直後のリーグ戦で、ウイルソンや奥埜がスタメンを外れている。)

おそらく渡邊監督の中でナビスコ杯を勝ちにいくか、選手育成の場とするか決断しきれないまま、試合に入っていたのではないか。ターンオーバー制を採用するのであれば、主力に頼らないゲームプランを押し通すべきだった。「今日の試合では、ウイルソンや梁は出さない。お前たちで決めろ」と監督が明確な意志を伝えていれば、勝ち点ももう少し積み上がり、新たな選手の台頭も見られたと思うのだが。

スポンサーリンク

↓充実のベガルタ情報はこちら
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>